お家カレー

2020年03月14日

特製ヱスビーカレー 赤缶のレシピカレー

ゼロです。
カレー粉の大御所といえばヱスビーの赤缶でしょう。日本の料理人から絶大な支持を得ており、国内カレー粉シェアの70~80%を占めていると言われています。
ゼロも当然カレーを作るときにはお世話になっていますし、料理本で『カレー粉 大さじ2杯』と書いてあれば、当たり前のように赤缶でしょう。

IMG_20200311_203340

ところで、赤缶には『赤缶を使ったレシピ』が書かれているのをご存じですか?ゼロは本日知りました(*゜∀゜*)
じゃあ、そのレシピ通り作ってみよう、と早速チャレンジしました。

IMG_20200311_203354

材料は…
肉200g、玉ねぎ中1、じゃがいも大1、にんじん小1、玉ねぎ中1/2みじん切り、油大さじ5、小麦粉大さじ4、固形スープの素1、水700ml、ヱスビーカレー大さじ2
肉はなんでもよいのかな?、玉ねぎ中1/2の他は、カットサイズ書いてありませ~ん。
アバウトですなあ。

IMG_20200311_171842

肉は鶏もも肉にして、肉と野菜は家庭的サイズに大きめカットにしました。

IMG_20200311_174510

IMG_20200311_173658

『①鍋に油大さじ2+1/2を入れ、みじん切りの玉ねぎをきつね色になるまで炒めます。』

IMG_20200311_172617

油はオリーブオイルを使いました。油を玉ねぎが泳いでます。油多いなあ(゜Д゜)

IMG_20200311_174850

多めの油にみじん切り玉ねぎを入れると、強火だと焦げやすいです。中火でじっくり炒めましょう。とか言いながら、5分くらいできつねになりますけど。

IMG_20200311_181432

『②他の肉・野菜を炒め、水と固形スープの素を加え煮込みます。』
①の鍋に追加するんですかね?
まず鶏肉を入れて、強火で表面が白くなるまで炒めました。

IMG_20200311_181603

次いで野菜投入。馴染む程度にかき混ぜて、強火で炒めました。

IMG_20200311_181707

煮込みは、弱火で20分にしました。レシピに書いてくれないかなあ(・0・)


IMG_20200311_181751

『③フライパンで油大さじ2+1/2に小麦粉を入れ弱火できつね色になるまで炒め、カレー粉を加えてよくまぜます。』

IMG_20200311_182715

大量のオリーブオイルに小麦粉(薄力粉)、油多すぎないの?心配になります。
オリーブオイルだから、最初はやや緑色っぽいです。

IMG_20200311_182909

天ぷらのときに水に溶いた小麦粉状態で、ずーと炒めました。15分たっても白いまま。20分近くなってようやく色づきました。

IMG_20200311_184623

カレー粉を入れると、ダマになりそうです。

IMG_20200311_184845

『④ ③を②の煮汁でのばして鍋にうつし、お好みで塩・砂糖等で味をととのえてでき上がりです。』
小麦粉は粘性状態ですが、言われた通り煮汁でのばしました。

IMG_20200311_185037

そして、合流!

IMG_20200311_185054
中火でグツグツして、馴染むまでかき混ぜました。

IMG_20200311_185304_1

最後に…核兵器登場!塩の量と砂糖の量を書け~!(`へ´)一番大事なとろこを丸投げかい!!
味見をしながら慎重に塩を入れていき、最終的には14g入れました。塩少々のレベルではない。

000

砂糖は小さじ1杯にしました。

IMG_20200311_190911

中火で一煮立ちさせて完成!結構時間かかりました(T_T)疲れたなあ。

IMG_20200311_192315

いざ、実食!

慣れたカレー粉の香りが漂います。黄色いルーの色は、昭和の大衆食堂で出てくるカレーを彷彿させます。


IMG_20200311_192330

さすが赤缶、シャープな辛さです。スパイスの風味も馴染んだ味です。
しかし、ちょっと粉っぽく味がぼやけているような?
多分、ジャガイモが溶けてルーに混ざったからでしょう。

IMG_20200311_192413

それにしても、あらためて赤缶の味を堪能しました。この味だよなって感じで、懐かしくもアリ、発見もアリでした。極論は、黄色くて辛くてスパイシー、これぞ赤缶。
食堂でカレーを食べるとき、『これ、赤缶使ってるな』と感じることが多々ありますが、赤缶をベースに工夫をして、店の味を育てているんだな、と思いを馳せるゼロでした。

IMG_20200311_192416
キャプ7

それにしても疲れた。バーモントカレーとかゴールデンカレーのありがたみが身にしみてわかりました。固形ルーって、作るのが楽で安心・安定の味なんですよね。

【翌日】
作ったレシピは5人前でして、食べたのはゼロと妻。当然残りまして、翌日へ持ち越し。
一晩おいたカレーを食べると…おおおおお、美味しい(゜Д゜)
粉っぽかった食感が無くなり、塩が馴染み、旨味が増加されています!
肉は豚肉の方がガツンとして合うかな、とも思いました。
昭和の食堂で食べたカレーの味です。懐かしくて、美味しいカレーに熟成されました。
料理には時間のパワーも大切なんですね。



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年03月06日

シェアウッド ティッカマサラ 原産国:イギリス 輸入者:三菱食品(株)

ゼロです。
成城石井で、699円の20%オフで買いました。

IMG_20200303_144256

ティッカマサラってどうゆう意味なんでしょう?マサラとは、香辛料を複数混ぜ合わせたスパイスのことですが、ティッカとは?ネットで検索すると『チキンティッカマサラ』と、必ず『チキン』がセットでついてきます。意味はともかく、食べてみて『これがティッカマサラか!』と言うことにしました。論より体験です。

IMG_20200303_144313

瓶に貼られた裏ラベルには『お好みの野菜や肉を炒め、このソースを加えて数分煮込むだけで本格インドカレーが出来上がります。』と書いてあります。

IMG_20200303_144313 - コピー

チキンを使うことにしましたが、鶏肉の生は危険なので20分煮込むことにしました。

IMG_20200303_170711

IMG_20200303_175330

完成品はこちら。
香りと見た目が、クリームとトマトの煮込み って感じです。

IMG_20200303_175650

具には鶏肉の他、レンコン、シメジ、玉ねぎが入ってます。野菜タップリ具沢山です。

IMG_20200303_175702

味ですが、本格的インドカレーと銘打ってある割には辛くありません。あっさりしてます。見た目の印象通り、クリームとトマトの煮込みですね。全体的に淡い感じなのは、塩が足りないからでしょうか。
キャプチ2

食べ進むにつれ味が分かってきますが、それでも塩を少々追加したいなあ。
胃もたれしないインドカレーでした。



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年01月29日

ココナッツカレーの素 日印食品開発有限会社

ゼロです。
品川駅に隣接しているウィング高輪eastのB1にカルディがあるのですが、そこで248円で買いました。手のひら大の袋に入っていて、とてもコンパクトです。

IMG_20200127_112513

ゼロはタイカレーが好きなので、ココナツミルクのカレーも大好きです。
それにしても小さくて安いなあ。原材料を見てみると…

IMG_20200127_112519

あれ?ココナツミルク無いぞ!添付のレシピによると、自分で買ってこいとのこと。しかも牛乳での代用もありとのこと。うむむむむ、ココナッツカレーの素なのにココナツミルクの影が薄いぞ。とっても心配になりました。

IMG_20200127_112550

レシピ通りの食材を用意しましたが、調理方法の説明がアバウトです。

SCAN00002

まず玉ねぎは、レシピの写真程度の色(きつね色の手前)に中火まで炒めました。
鶏もも肉を入れるタイミングが遅すぎると感じたので、玉ねぎとある程度一緒に炒めました。

IMG_20200128_172549

トマト缶、ココナッツミルク、カレーの素(本商品)、水を入れて最後に煮込むのですが、煮込む時間も火力もレシピに書いてません。『たった10分で、本格的カレーが完成。』とありますので、10分も煮込まないということか?けど鶏肉が半生では心配なので、弱火で20分煮込みました。

IMG_20200128_172747

そして完成。50分はかかりましたよ(`へ´)

IMG_20200128_172917

盛り付けると、ココナツミルクの甘い香りはしますが、スパイスの香りが弱いです。

IMG_20200128_180442

あまり期待しないで食べてみると…あれ、美味しい(゜Д゜)
くやしいけど、二口目、三口目食べても、美味しいなあ。

IMG_20200128_180446

スパイスで一番感じるのは、ターメリックですね。スパイス感は決して強くはありませんが、味そのものが良いのです。塩の使い方がナイスでして、旨味甘味を上手に引き出しています。
辛さも程よく、ココナツミルクの甘味も美味しく味わえます。
これだけの味が出せて化学調味料不使用か…スゲえ。

IMG_20200128_180512

こんなに美味しいのだから、値段を上げていいからココナツパウダーを付けて売ってほしいなあ。
なんかクヤしいカレーでした。
キャプ



usakuma22 at 15:40|PermalinkComments(0)

2020年01月12日

CoCo壱番屋チーズカレー鍋スープ 株式会社ダイショー

ゼロです。

冬と言えば鍋です。子供の頃は、母が手間暇かけて作ってくれたなあ、と思い出しますが、最近は『鍋の素』という便利な物があります。有名処のメーカーの『鍋の素』なら、間違いなく手軽に美味しい鍋が出来上がります。
今年初鍋は、ココイチ監修のチーズカレー鍋です。近所のスーパーで298円で買いました。

IMG_20200112_164847

以前も使ったことがあって、美味しかったから再び食べることにしました。

IMG_20200112_164856

ストレートタイプだから、そのまま注ぐだけ。

IMG_20200112_164927

具を入れて、煮れば出来上がり!

IMG_20200112_172816

欧風カレーの味がベースですが、カレーが出しゃばらないので一つ一つの素材の味を楽しめます。だけど、スープを飲むとしっかりカレー。このカレーの強さ加減が丁度いいんですね。醤油×カレー×チーズなんですが、どの味も強すぎないので、とっても食べやすいです。原材料を見ると、チェダー、ゴーダ、クリーム、カマンベール、と4種類ものチーズを使ってます。なんとも贅沢ですねえ。

IMG_20200112_172926

ちなみに具には、白菜、エノキダケ、シメジ、ウィンナー(チーズ入り!)、餃子、肉団子(もち入り)、焼き豆腐、うどん、です。他にもあったあかな?
温まりました~(*^o^*)



usakuma22 at 23:34|PermalinkComments(0)

2020年01月05日

手作りカレーセット 大盛食品株式会社

ゼロです。
JR宇都宮駅の駅ビルパセオ1Fの『えきの市場』で638円で買いました。

IMG_20200104_161741

作っている会社・大盛食品は、福岡県の会社ですね。栃木で売られているとは、結構メジャーな商品なんですかね? ゼロは初めて見ましたけど。

IMG_20200104_161748

要するに、ルーカレーですね。フレークカレーとは、固形ルーをフレーク状にしたもので、固形ルーと基本的に同じ物です。

液状の地鶏スープの他、月桂樹(ローリエ)、ガーリック(スライス)、ソルトペッパー(塩コショウってこと?)、スパイスミックス(ガラムマサラ?)が入っています。

欧風のルーカレーをちょっと本格的にやりたい人のための、入門的なセットですね。基本的なスパイスは、ゼロは常備してます。さすがに地鶏スープは常備してませんが、ユウキの鶏ガラスープなら持ってますよ。
こうゆうセットに乗ってみるのも、勉強になるかなと思った次第です。

IMG_20200104_161828

妻がレシピ通り、作ってくれました。しかし…火力、蓋をする・しない、などの説明がなく、結構アバウトなレシピだったようです。
鶏肉を炒めて、にんにくスライスとソルトペッパーをかけ…

IMG_20200104_162742

玉ねぎを、きつね色になるまで炒めます。

IMG_20200104_16450300

鍋に水、地鶏スープ、月桂樹の葉、スパイスミックス(半分)、そして炒めた鶏肉と玉ねぎを入れ、1時間煮込みます。

IMG_20200104_165743

いったん火を止め、月桂樹の葉を取り除き、カレーフレークを入れ、弱火でとろみがつくまで煮込みます。

IMG_20200104_175858

最後に、スパイスミックスの残りを入れて、完成!

IMG_20200104_180647

さて、どんな味か楽しみです。

IMG_20200104_182018

お線香を彷彿する、独特な香りがします。漢方薬的な香りとも言えます。
食べてみて思ったのですが、香りと味に、かなり強く地鶏スープが影響しているようです。
塩味を咽にガツンと感じるほど、強い塩味です。これも地鶏スープの影響かな?

IMG_20200104_182022

見た目は欧風ですが、サラサラしています。パッケージの写真からしてホテルカレーをイメージしてしまいますが、甘味や旨味は抑え気味で、どちらかというとスパイスカレーに近い雰囲気の味です。

1時間ほど煮込むので、鶏肉は大変柔らかく、美味しいです。

IMG_20200104_182032
キャプ
今回はセット商品に乗っかってみましたが、スーパーのスパイスコーナーでクミンシードやマスタードシードを買ってくるだけで、固形ルーは本格的にアレンジできます。そのうち、ゼロ式アレンジも紹介しますね。



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)