お店カレー

2020年02月26日

カフェ&レストラン 有磯海 さくらたまごのオムカレー

ゼロです。
富山へ行った帰り、北陸道を走っていたところ夕食時になったので有磯海SA下りに入りました。

BlogPaint

ここのレストランは奥が深いんです。入り口に席がありますが、その奥にレジがあって、さらに客席があります。多重構造ですなあ。

IMG_20200221_191900

料金後払いなので、席についてゆっくりとメニューを選ぶことが出来ます。

IMG_20200221_184957

ゼロはカレー狙いなのですが、昼にカツカレーを食べたので『さくらたまごのオムカレー』1,250円にしました。

IMG_20200221_184921

妻は『とやまごころ有磯御膳~夢麺~』1,500円にしました。
この料理を注文すると、ウェイトレスさんが『あの、麺は薄味なんですが、よろしいですか?』と確認の上でオーダーを入れました。どんだけ薄いのか、逆に興味が湧きます。

IMG_20200221_184928

こちらがオムカレー。

IMG_20200221_185843

サラダ付きです。

IMG_20200221_185847

ルーはしっかりした味の欧風です。ソースのような風味と酸味を感じますが、旨味と甘味があって食べやすい味です。

IMG_20200221_185854_BURST001_COVER

オムライスはフワトロで舌触りが柔らかで、身も心も柔らかになりそうです。白いご飯で、しっとり感も普通のライスでした。

カレー+タマゴは、カレーがマイルドになってホンワカした気持ちになれます。

IMG_20200221_185920
キャプ

福神漬けは薄味で塩と甘味、ラッキョウは甘味重視、タクアンは慣れた味、でした。

IMG_20200221_185850

妻の有磯御膳は、こちら。

IMG_20200221_185943

麺は、ウェイトレスさんが釘を刺した通り、めっちゃ薄味だったそうです。栄養士会認定の塩分量だそうですが、塩分控え過ぎです。そう言えば、富山は料理の塩分が強いんですよね。その反動にしては、やり過ぎかな。
麺ですが、米を使った麺だそうです。ビーフンとは違った食感で、細くて柔らかく、胃に優しそうだ、と妻は申しておりました。

IMG_20200221_190001

肉は『とやまポーク』というブランドだそうです。しっかり身が詰まっていますが、薄くスライスされているので食べやすかったです。味噌だれで、肉そのものの味を味わえます。

IMG_20200221_185947

副菜には、はんぺんが付いてました。手作り的なザラッとした食感があり、どうやらカニが使われているみたいです。

IMG_20200221_190014



usakuma22 at 19:56|PermalinkComments(0)

2020年02月23日

小さなカレー工房カントリーキッチン 富山県黒部市

ゼロです。
ネットで珍しいカレー屋さんはないかな、と検索していたときに見つけたお店です。何が珍しいかというと、レストランの営業は週末の三日間(金土日)だけで、オリジナルのレトルトカレーを売っているというお店なんです。ということは、売り上げの主力はレトルトカレーということか?どんな味か気になっていたので、行くチャンスが出来たので行ってきました。


IMG_20200221_112658

ゼロの愛車のカーナビでは、電話番号検索では不明だったので、住所入力でなんとかたどり着きました。

IMG_20200221_113411

それにしても、閑静な住宅街というか、田舎といいますか…ホントにレストランがあるの?と心配になる景色が延々と続きました。

IMG_20200221_113421

駐車場があるのを抜かせば、自宅とも言える建物です。

IMG_20200221_113737

IMG_20200221_113758

入店してみると、席数20程度のメルヘンな空間が広がっていました。

IMG_20200221_114302

奥様の趣味かな?

IMG_20200221_114257

IMG_20200221_114329

使われてはいませんが、ワインサーバーも装飾品として置いてあり、メルヘンを盛り上げます。

IMG_20200221_114721

メニューはシンプルで、ベースになっている『黒部名水カレー』にトッピングしていく方式のようです。

IMG_20200221_113954

ゼロはヒレカツカレー(1,000円)をチョイス。ビーフカツはあまり見かけないので、ビーフカツにしました。

妻は、オムライスカレー(830円)ビーフにしました。

IMG_20200221_113957

昼は、カレーにサラダかヨーグルトが付きます。夫婦そろってサラダにしました。
酢にコショウを混ぜたドレッシングで、オリジナルなのかな?インゲン豆がみずみずしかったです。

IMG_20200221_115448

そして、カレー到着。まずはビーフカツカレー。

IMG_20200221_115946

黒部名水を意識しているのでしょうか、サラサラしたルーです。全体的に濃い味ではありませんが、鋭い辛さを感じます。他に、ソースのような酸味も感じました。
ブロック状の牛肉が2つ入ってました。柔らかくてサラリとした味わいでした。このお店が作っているレトルトカレーにも、同様なお肉が入っているのかな?

IMG_20200221_115959

野菜は素揚げされています。サヤインゲンがフレッシュでシャキシャキしていました。

牛カツですが、固くはありませんがそれなりの歯応えがあります。カツといえばポークを食べ慣れているわけですが、豚とは違った牛肉の風味も美味しいです。

IMG_20200221_120420
キャプ

妻のオムカレーはこちら。

IMG_20200221_115905

ルーは黒部名水カレーで、ヒレカツカレーと共通のようです。
昔ながらのオムライスって食感のタマゴです。ライスはケチャップライスとかではなく、普通に炊いた白米でした。

IMG_20200221_115938

福神漬けは、淡くて甘い味、ラッキョウは酸味重視、そして干しぶどうは2色で味も色で微妙に異なってました。

IMG_20200221_115433 - コピー

お会計のときに、レトルトカレーも買いました。デパートとか駅でも売られているらしいですが、製造元で買うのも一興です。

家で食べ比べてみま~す。

IMG_20200221_114648



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年02月21日

ジョイアルカレー石和店

ゼロです。
山梨に用事で来ました。
夕食時になったのでレストランを妻にググってもらうと、石和にジョイアルというカレー屋を見つけてくれたので行ってみました。


IMG_20200208_195728

道路を走る方向によっては、看板を見落としそうです。カーナビとかグーグルとか、便利な時代になりました。
店舗は2階にあります。

IMG_20200208_195803

神田カレーグランプリで準優勝?ということは、神田にも店舗があるんですね。
後で調べて分かったのは、ジョイアルカレーは甲府、石和、神田の3店舗だそうです。どうやら店主がホテル厨房で修行した経験からジョイアルカレーは誕生したらしいです。キーワードは老舗旅館糸柳でして、ジョイアルカレーのHPを見てみると、ジョイアルカレーと糸柳の関係は…まだアップされていませんでした_| ̄|○


IMG_20200208_195708

店内には数組のお客さんがいました。

IMG_20200208_191136

メニューを見て悩みます。ゼロは最近、お店オススメをまず食べるようにしています。ジョイアルおすすめは、かつカレー(900円)みたいなので、それにしました。ライスは中盛りです。

IMG_20200208_191053

妻は、チキンカレー800円にしました。ライスは小盛りです。
二人ともCセット300円で、サラダとドリンク(ホットコーヒー)を付けました。

IMG_20200208_191056

まずは、サラダです。ニンジンドレッシングにしたのですが、結構酸っぱくてビックリです。プチプチしたカラフルな粒がありましたが、寒天玉ですか?

IMG_20200208_191637

そして、かつカレー。

IMG_20200208_193118

ルーだけ食べてみると、結構辛いです。年配のご夫婦がお客さんで居たのですが、その方も『辛いなあ』とつぶやいているのが聞こえてきました。欧風カレーって辛さ控えて旨味重視かと思うのですが、辛いですよ。酸味とソースのような風味はデミグラスからきているのでしょうか。味が尖っていて、苦味もあります。

IMG_20200208_193257

これぞロースカツ!という王道のカツです。ギリギリスプーンで千切れるくらいの絶妙な歯応え。カツとルーを一緒に食べると、尖った味の角がとれて、酸味が気にならなくなります。ジョイアルのカレールーは、カツや揚げ物と相性が良いですね。

IMG_20200208_193148
キャプ

妻のチキンカレーはこちら。

IMG_20200208_193017

大きな鶏肉がビローンと入ってます。肉食ってるぞ、って弾力だったようです。
小盛りだけど皿は一緒。ちょっと寂しい見た目でした。

IMG_20200208_193044

食後はこちらから声をかけて、コーヒーをもってきてもらいました。
苦く泡だったコーヒーです。渋い大人の味です。

IMG_20200208_194843



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年02月19日

茅野市 Ponte Kichin チキンカレー

ゼロです。
茅野は用事で通過することが多いのですが、寄る店はブックオフくらいですね。白樺湖から県道192号線を走っていると、左手にトレーラーハウスが数軒店舗として置いてあります。その内の一軒がカレー屋らしいとのことで、行ってみました。

IMG_20200208_123836

ゼロは気付かなかったのですが、妻がこの店を見つけました。蓼科トレーラーハウスヴィレッジというトレーラーハウスタイプの飲食店が集まっている一角です。ポンテキッチン以外のお店は稼働しているのかな?

IMG_20200208_123828

ポンテキッチン自体は2011年オープンとのことで、9年近く営業しているんですね。初めはフレンチのお店だったようです。

IMG_20200208_115431

飲食店には出店、移動販売車、など色んな形態がありますが、トレーラーハウスでカレーを食べるのは初めてです。


IMG_20200208_115123

明るくい店内です。机や椅子の配置にもよるのでしょうが、思ったより広く感じました。

IMG_20200208_115114

メニューはシンプルですね。けど写真は、プロが撮った感があります。

ゼロはメニューの鉄則通り(オススメはメニュー左上)、チキンカレー900円にしました。
妻は、ふわとろチーズのオムカレー1,000円にして、二人でソフトドリンクとミニサラダ350円を付けました。


IMG_20200208_114857

ドリンクバーでウーロン茶やニンジンジュースを飲みながら待つこと20分、料理が到着しました。

IMG_20200208_115321

IMG_20200208_121546

サラダは、マヨ味噌ドレッシングです。

IMG_20200208_121443

こちらがチキンカレー。

IMG_20200208_121549

ライスはターメリックがマダラに混ざってます。

IMG_20200208_121847

ルーは欧風で、全体的に薄い味です。ピクルスがライスの頂点に載っている盛りつけは、初めてな感じです。ピクルスを食べるのは、必須事項なんですね。
チキンは焼きたてで、香ばしさが美味しかったです。

IMG_20200208_121559
キャプ1

妻のオムカレーは、こちら。

IMG_20200208_121503

ルーはチキンカレーとは異なるベースです。多分、バターチキンカレーのルーですね。トマト感がありまして、酸味がラタトゥーユみたいです。こちらも酸味以外は淡い味でした。

IMG_20200208_121537
キャプ2

コーヒーを飲むまでのシステムがオシャレですね。

IMG_20200208_122911



usakuma22 at 11:08|PermalinkComments(0)

2020年02月16日

諏訪市 まんぷく家族 カレーうどん

ゼロです。
諏訪で夕食をとるとき、最近はホルツというレストランを使うことが多いです。今回は新店開拓ということで、いつもは行かないお店をチョイスしました。

イタリアンのお店が見えたので入店してみると『レストラン部門は閉じて、今はデザートだけでございます。』という店でした。じゃあ、レストランの看板を撤去しておくべきですね。先日も、こうゆう店がありました。食事目的のお客さんに失礼です。

そのすぐ隣に和食ファミレスが見えたので、そちらに入店しました。

IMG_20200203_191647

ゆるキャラのお出迎え。

IMG_20200203_191625

ゼロ夫婦の他、一組の若い女性の客が居るだけで、のんびりと過ごせました。

最近のゼロは、和食屋ではカレーうどんを注文します。カレーには無限の可能性がある!それを体感するのです。こちらのお店のカレーうどんは880円でした。

IMG_20200203_185241

妻は、お寿司屋さんのローストビーフ丼セット1,380円にしました。小食の妻は単品にしたかったのですが、セットしか無いとのことなので、セットのソバはゼロの腹に入ることになりました。

IMG_20200203_185251

ゼロ夫婦の注文が入ったことで、厨房から音が聞こえてきます。清潔で明るい店内です。今日空いているのは、月曜日だからかな?

IMG_20200203_185336

店員さんが二人で、ゼロと妻の料理を同時に持ってきてくれました。気遣いが出来るお店ですね。

こちらが、カレーうどん。

IMG_20200203_185840

辛口欧風カレー+めんつゆ、という味です。全体的に味が淡い気がしますが、辛さはしっかりあります。
和食屋さんでカレーうどんを食べて思うのですが、子供向けでは無い店が多いと感じます。カレーは大人の食べ物、ってスタンスなのかなあ。カレーが日本に普及し始めた当時は、大人がカレーライスを食べている横で子供はハヤシライスを食べていたそうです。バーモントカレーが登場することで、カレーは子供を中心とした家庭の味に変わっていきます。カレーうどんの世界では、バーモント革命は起きていないようです。
うどんは程よいゆで加減でした。

IMG_20200203_185903
キャプ

妻のローストビーフ丼セットは、こちら。

IMG_20200203_185912

赤いお肉は柔らかくて、タレはトロ~リ。タレですが、塩味重視の甘くない味でした。
ワサビ醤油で食べると、ローストビーフじゃなくて海鮮丼を食べている気分になりました。酢飯+ワサビ醤油+ローストビーフ=マグロ赤身の味、です。

IMG_20200203_185915

セットのソバは、ゼロの腹へ。

IMG_20200203_185919

ソバの太さがまちまちですが、厚みはそろってますね。手打ちの雰囲気をだしてますね。

店員さんの配慮があるお店なので、居心地はよかったです。

IMG_20200203_185329



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)