欧風カレー

2020年06月27日

からだシフト 糖質コントロール ビーフカレー 宮島醤油(株)

ゼロです。
このシリーズは、スーパーやドラッグストアと幅広く売られています。ダイエット中なので、買いました。

緑色のパッケージが、いかにも健康そうですね。
写真だとビーフがゴロゴロしてますが、右下に『イメージ写真』と書いてあります。正直だなあ…(^_^)

img176

カロリーは183kcalと控えめです。糖質はオフでもカロリーはオフじゃ無い商品がありますので、このレトルトはうれしいです。
製造は宮島醤油(株)さんですね。レトルトカレーの製造所では、よく見かける会社です。
共同開発の三菱食品(株)さんは、どんな立場なのでしょうか?このシリーズで気になる存在です。

img177

盛り付けると、ビーフがゴロッと入ってます。
レトルトカレーでは定番の香りがしますが、バターと小麦粉、そしてトマトの香りもします。

IMG_20200618_173926

ルーはトロリとしてますが、味はサラリとしています。さすが低カロリー&糖質オフ。身体に良さそうな食感です。
スッキリした辛さは、黒コショウでしょうか。

IMG_20200618_173930

お肉ですが、脂身は柔らかで、赤身は引き締まってます。

IMG_20200618_173939

ダイエット中の身体が癒やされました。
キャプチャ



usakuma22 at 23:40|PermalinkComments(0)

2020年06月25日

浜松いえやすちゃんのカレー魂 うなぎカレー 販売者:合同会社トクダ旋記 製造所:石田缶詰(株)

ゼロです。
東名高速道路の牧ノ原SA売店で、648円で買いました。

IMG_20200201_214751

結構値段高いですね。ウナギ入りなら仕方ないか…


IMG_20200201_212823

それにしてもキュートな『いえやすちゃん』ですね。こんな戦国武将が相手なら、意地でも勝って支配下に入れてやる!

img162

製造所の石田缶詰さんですが、なんか聞いたことある会社でして、調べてみるとゼロが徒然カレー日記を始める前に、吉田うなぎカレー、御前崎かつおカレー、焼津4種のマグロカレー、を食べていまして、魚介系のレトルトに強い会社のようです。

img164

オレンジ色で、とろーりとしたルーです。

IMG_20200511_173554

かつお節のような魚介系の香りがします。甘くて、塩っぱいですね。これほど塩の強いレトルトカレーは、ちょっと記憶にないですね。コショウとショウガも効いていて、あとから辛くなってきます。

IMG_20200511_173558

具には団子が3つですが、これがウナギ?
パッケージをよく読むと『うなぎだんご(魚肉練り製品)』とあります。ウナギは入っているのかな?
食感も味も肉団子でして、ウナギ感や魚感を感じられません。断面を見ると黒っぽいモノがあるので、視覚的にはウナギなんですけど。

ルーの色ととろみ具合からして、中華あんかけを彷彿させるんですよね。


IMG_20200511_173803
unagi

ゼロ好み度は…
星2



usakuma22 at 11:05|PermalinkComments(0)

2020年04月22日

京都祇園ボロニヤカレー 販売者:(株)野川 製造所:サンハウス食品(株)

ゼロです。
北野エースで、594円で買いました。


img159

サンハウス食品さんは、ハウス食品のレトルトに特化した子会社だったと思います。株式会社野川さんは初めて聞く会社なのでネットで調べてみましたが、どんな会社か分かりませんでした。
京都祇園のパンをモチーフに、埼玉に本社のある会社が企画し、愛知県のハウス食品子会社が製造する…よく分からないビジネスモデルだなあ(´・ω・`)

img160

デニッシュ食パンというものを食べたことが無いのですが、今回は『デニッシュ食パンに合うカレー』なものですから、頑張ってデニッシュ食パンを探しました。しかし、食べようとすると見つからないモノですねえ。意外にも、近所のスーパーの店内で作るパンコーナーにで発見しました。
ボロニアとボローニャと違いがあるそうで、ネット通販でみつけましたが、買う気になれない値段でした。なんだかデニッシュ食パンってニッチな奥深さがあるんですね。

IMG_20200409_172812

食べよう!と決意してから数日がかりで準備できました。
ゆるいルーです。香りは、カルダモンの清涼感を強く感じます。

IMG_20200409_172831

味ですが、えっ?と思うほど結構辛いです。苦味もあって、尖ってますね。

IMG_20200409_172850

デニッシュ食パンの甘味で多少はマイルドになりますが、それでも辛いです。
折角のデニッシュ食パンが可愛そう…

IMG_20200409_173053

辛さを抑えて、苦味を少なくして下さい(×_×)
キャプ5
ゼロ好み度は…
星1



usakuma22 at 10:24|PermalinkComments(0)

2020年03月14日

特製ヱスビーカレー 赤缶のレシピカレー

ゼロです。
カレー粉の大御所といえばヱスビーの赤缶でしょう。日本の料理人から絶大な支持を得ており、国内カレー粉シェアの70~80%を占めていると言われています。
ゼロも当然カレーを作るときにはお世話になっていますし、料理本で『カレー粉 大さじ2杯』と書いてあれば、当たり前のように赤缶でしょう。

IMG_20200311_203340

ところで、赤缶には『赤缶を使ったレシピ』が書かれているのをご存じですか?ゼロは本日知りました(*゜∀゜*)
じゃあ、そのレシピ通り作ってみよう、と早速チャレンジしました。

IMG_20200311_203354

材料は…
肉200g、玉ねぎ中1、じゃがいも大1、にんじん小1、玉ねぎ中1/2みじん切り、油大さじ5、小麦粉大さじ4、固形スープの素1、水700ml、ヱスビーカレー大さじ2
肉はなんでもよいのかな?、玉ねぎ中1/2の他は、カットサイズ書いてありませ~ん。
アバウトですなあ。

IMG_20200311_171842

肉は鶏もも肉にして、肉と野菜は家庭的サイズに大きめカットにしました。

IMG_20200311_174510

IMG_20200311_173658

『①鍋に油大さじ2+1/2を入れ、みじん切りの玉ねぎをきつね色になるまで炒めます。』

IMG_20200311_172617

油はオリーブオイルを使いました。油を玉ねぎが泳いでます。油多いなあ(゜Д゜)

IMG_20200311_174850

多めの油にみじん切り玉ねぎを入れると、強火だと焦げやすいです。中火でじっくり炒めましょう。とか言いながら、5分くらいできつねになりますけど。

IMG_20200311_181432

『②他の肉・野菜を炒め、水と固形スープの素を加え煮込みます。』
①の鍋に追加するんですかね?
まず鶏肉を入れて、強火で表面が白くなるまで炒めました。

IMG_20200311_181603

次いで野菜投入。馴染む程度にかき混ぜて、強火で炒めました。

IMG_20200311_181707

煮込みは、弱火で20分にしました。レシピに書いてくれないかなあ(・0・)


IMG_20200311_181751

『③フライパンで油大さじ2+1/2に小麦粉を入れ弱火できつね色になるまで炒め、カレー粉を加えてよくまぜます。』

IMG_20200311_182715

大量のオリーブオイルに小麦粉(薄力粉)、油多すぎないの?心配になります。
オリーブオイルだから、最初はやや緑色っぽいです。

IMG_20200311_182909

天ぷらのときに水に溶いた小麦粉状態で、ずーと炒めました。15分たっても白いまま。20分近くなってようやく色づきました。

IMG_20200311_184623

カレー粉を入れると、ダマになりそうです。

IMG_20200311_184845

『④ ③を②の煮汁でのばして鍋にうつし、お好みで塩・砂糖等で味をととのえてでき上がりです。』
小麦粉は粘性状態ですが、言われた通り煮汁でのばしました。

IMG_20200311_185037

そして、合流!

IMG_20200311_185054
中火でグツグツして、馴染むまでかき混ぜました。

IMG_20200311_185304_1

最後に…核兵器登場!塩の量と砂糖の量を書け~!(`へ´)一番大事なとろこを丸投げかい!!
味見をしながら慎重に塩を入れていき、最終的には14g入れました。塩少々のレベルではない。

000

砂糖は小さじ1杯にしました。

IMG_20200311_190911

中火で一煮立ちさせて完成!結構時間かかりました(T_T)疲れたなあ。

IMG_20200311_192315

いざ、実食!

慣れたカレー粉の香りが漂います。黄色いルーの色は、昭和の大衆食堂で出てくるカレーを彷彿させます。


IMG_20200311_192330

さすが赤缶、シャープな辛さです。スパイスの風味も馴染んだ味です。
しかし、ちょっと粉っぽく味がぼやけているような?
多分、ジャガイモが溶けてルーに混ざったからでしょう。

IMG_20200311_192413

それにしても、あらためて赤缶の味を堪能しました。この味だよなって感じで、懐かしくもアリ、発見もアリでした。極論は、黄色くて辛くてスパイシー、これぞ赤缶。
食堂でカレーを食べるとき、『これ、赤缶使ってるな』と感じることが多々ありますが、赤缶をベースに工夫をして、店の味を育てているんだな、と思いを馳せるゼロでした。

IMG_20200311_192416
キャプ7

それにしても疲れた。バーモントカレーとかゴールデンカレーのありがたみが身にしみてわかりました。固形ルーって、作るのが楽で安心・安定の味なんですよね。

【翌日】
作ったレシピは5人前でして、食べたのはゼロと妻。当然残りまして、翌日へ持ち越し。
一晩おいたカレーを食べると…おおおおお、美味しい(゜Д゜)
粉っぽかった食感が無くなり、塩が馴染み、旨味が増加されています!
肉は豚肉の方がガツンとして合うかな、とも思いました。
昭和の食堂で食べたカレーの味です。懐かしくて、美味しいカレーに熟成されました。
料理には時間のパワーも大切なんですね。



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年03月11日

じょんのび バターチキンカレー

ゼロです。
数年前に上越近辺の道の駅で食事をしたのですが、メニュー豊富で迷った記憶があります。今でも気になっているのは『塩麹ラーメン』でして、どんな味がするのか食べてみたいのです。カレー好きのゼロですが、塩麹ラーメンは気になるぞ(`へ´)

で、新潟に行く機会が出来まして、『あの』道の駅で塩麹ラーメン食べるぞ!と妻に言うものの、『どの』道の駅か失念しました。

妻が観光雑誌で道の駅を調べてくれて、『じょんのび って名前だったっけ?』とのことで、ゼロも『そんな名前だったなあ』と同意して、『じょんのび』へ向かいました。

柏崎ICで高速を出て、山に向かって走ります。上越からこんなに遠かったっけ?

IMG_20200306_142545

今更引き返すことも出来ず、ひたすら内陸に向かって走ると…じょんのびに着きました。

IMG_20200306_141555

結論から言うと、塩麹ラーメンの道の駅ではありませんでした(T_T)

IMG_20200306_141543

妻よ…まあ、ゼロも同意したからなあ。おかげで面白い経験が出来ました。

IMG_20200306_140754

大きな建物がいくつかありましたが、そのうちの一つが食事処『銀兵衛』でした。

IMG_20200306_140716

IMG_20200307_143635

古民家風の建物ですが、天井が高いです。入店すると初老の男性が『ちょっと説明するとね…』といきなりお話がはじまりました。

IMG_20200306_133803

要約すると、古民家の移築では無くて、じょんのび用に有名な建築家が設計した建物だそうです。梁が見えるのを意識したので、天井が高いらしいです。
ちょっとお話を忘れた部分がありますが、まあこんな内容でした。

店内は平日の昼だからか、ゼロ夫婦だけでした。広いですよ~。

IMG_20200306_132945

食事メニューは『おにくご膳(1,300円)』『おさかなご膳(1,300円)』『くろひめさんカレー(950円)』の3種類。
ゼロは迷わずカレーですが、妻は『おにく』か『おさかな』かで迷いました。魚の種類を聞くと『本日はカレイの唐揚げ』とのこと。面白そうな『おにく』に決定しました。

IMG_20200306_133050

ごはんは『普通の白米』と『雑穀米』と選べるので、二人で雑穀米にしました。

注文してから、店内を散策です。

IMG_20200306_133838

囲炉裏

IMG_20200306_133557

吊し雛

IMG_20200306_133733

温泉施設が併設されているので、休日は混むのでしょうね。

IMG_20200306_133136

そしてカレー到着。
メニューには『バターチキンカレー&ミニサラダ』とありますが、果たして?

IMG_20200306_134710

見た目は…欧風カレーですねえ(´ω`)

粘性のあるルーは、食べ慣れた欧風の味です。それからマッシュしたトマトの痕跡がありましたので、酸味はトマトのようです。

チキンの量は多くて、煮込まれてほどけている部分もありました。ただ一般的なバターチキンカレーとは別物ですね。バターでチキンを炒めた?さほどバターの風味は感じませんが…

IMG_20200306_134726

色とりどりの野菜は、素揚げです。竜田揚げも一つありました。素揚げは味付け無し、竜田揚げは薄味でしたから、カレールーと一緒に食べるのがベスト。

雑穀米のダマになった部分や、パサっとした感じはカレーと合いますね。

IMG_20200306_134732

家庭的な仕上がりですが、陶器の器お木のスプーンという組み合わせのセンスが良く、料理の努力を感じて、好感の持てるカレーでした。
こうゆうのも好きだなあ(*^o^*)
キャプチ4

サラダはフレンチでした。


IMG_20200306_134739

奈良漬け濃厚。ラッキョウはアッサリ酢漬けです。

IMG_20200306_134742

妻の『おにくご膳』はこちら。

IMG_20200306_134750

『おにく』は焼き肉でして、タレが甘く、塩気で、ちょっとピリっとして、ごはんが進みました。

IMG_20200306_134801

味噌汁の器、迫力ありますね。具沢山でアッサリな味付けで、素朴な感じが店の建物とマッチしています。

IMG_20200306_134916

煮物は、おばあちゃんちで食べるような懐かしさを感じる味付けでした。

IMG_20200306_134815

勘違いでたどりついた『じょんのび』ですが、面白い経験ができました。

IMG_20200306_141625

ちなみに…行きたかった道の駅は『よしかわ杜氏の郷』で、食べたかったのは『酒粕バターラーメン』が狙いだったとさ(^_^)
またの機会に…

8d9c6723



usakuma22 at 08:00|PermalinkComments(0)