2020年03月09日

ペニーレイン カレーパン

ゼロです。
那須高原の有名なパン屋さん『ペニーレイン』へ行き、レストランで食事をしました。

BlogPaint

その後、パンを当然ながら買って帰りました。


IMG_20200305_124659

もちろん、カレーパン(250円)を買いました。

IMG_20200305_225022

ベーカリーのカレーパンって、揚げパンであることが多いです。油を使ったルーなので、揚げた方が違和感なく仕上がるってことですね。
だからこそ、カレーパンを焼いて仕上げるのは技術が必要なことだとゼロは解釈します。
ペニーレインのカレーパンは、焼いて仕上げてあります。

持った感じのズッシリ感は、具がギッシリだからですね。
欧風カレーの味の中にスパイスを感じます。辛味と旨味がしっかりあり、自然な甘味もあります。酸味も若干感じました。

IMG_20200305_225101

ペニーレインのレストランでカレーライスを食べましたが、異なる味です。
カレーパンの具にするためにキーマにしてありますから、味わいは当然レストランとは変わってきますね。
具だけ取り出してライスにかけたらどんな味になるのだろう?と妄想するゼロでした。

他に買ったパンは、3つです。

3種類

人気No.1のブルーベリーブレッド(640円)、ブルーチーズとクルミを練り込んでハチミツをかけた人気No.4のゴルゴンゾーラ(390円)、そしてナスの形がユニークな那須あんパン(400円)

どれも個性的な味わいで美味しかったですが、強烈だったのは那須あんパンです。
ネーミングがダジャレ、というのもありますが、なんと栗が入っているんです!

IMG_20200305_225506

甘すぎず、あんこと馴染んだ栗が美味しかったですね。



usakuma22 at 11:29|PermalinkComments(0)カレーパン 

2020年03月08日

ペニーレイン(PENNY LANE)那須本店レストラン

ゼロです。
那須高原に用事があって行ってきました。あまり那須高原に行く機会は無いのですが、以前那須を走行中に獣の声を聞いたことがあります。サファリパークの猛獣の鳴き声は那須に響いているんですね。
その程度しか那須のことは分からなかったのですが、ペニーレインという有名なパン屋さんがあってレストランを併設しているという話なので、用事の後に行ってみることにしました。

IMG_20200305_125414

林の中にペンションや別荘が点在する閑静な山道を行くと、ペニーレインがありました。平日で冬だったせいか、駐車場に苦労すること無く停めることができました。観光シーズンの時は、ペニーレイン渋滞がおきるほどだそうで、どんなお店かワクワクします。

IMG_20200305_125246

店主はビートルズ好きで、ビートルズが店のコンセプトになっているようです。ところでペニーレインってどうゆう意味なんでしょう?ビートルズの曲は多少知っていますが、ペニーレインは知らないなあ。ネットで見つけて聴いてみましたが、聴いた覚えがないかも?ペニーレインとは、ビートルズの出身地リバプールの『ペニー通り』という意味だそうです。ビートルズファンにとっては、その出身地に思いをはせた曲に思い入れがあるのでしょうか。背景を知って曲を聴くと、違う味わいになりますね。

BlogPaint

パン屋の入り口とレストランの入り口とあるようですが、知らないのでパン屋の入り口から入ってしまいました。迫力あるパン・パン・パン!レストランで食べた後にパンは買うことにしました。

IMG_20200305_125257

レストランはお待ちでしたが、10分程度で座ることができました。

BlogPaint

メニューとにらめっこです。

IMG_20200305_120337

まあゼロの場合はカレー好きですから、唯一のカレーである『至福のカレーライス』(1,550円)に即決でした。

IMG_20200305_124537

妻は迷った末、『ビーフパストラミのバゲットサンド』(1,000円)にしました。

IMG_20200305_120437

店内の様子をコッソリ撮影したのですが、写真をブログ等に載せるのは大歓迎のお店、ということを後で知りました。知っていても他のお客さんは撮れませんよね~。

IMG_20200305_122409

ビートルズ愛とアンティークに溢れた店内です。ビートルズの誰かが来店した、ということは無いみたいです。究極の片思い…これだけ愛されれば、ビートルズも嬉しいでしょう。

IMG_20200305_121418

テーブルの配置も配慮されていて、満席の店内なのに気兼ねなく会話が弾みました。

IMG_20200305_124112

イマジンドリップコーヒー(580円)は、セルフでおかわり自由。

IMG_20200305_121315

3杯以上飲みましたよ~(*^o^*)

IMG_20200305_120854

そしてカレー到着。皿が大きい(゜Д゜)

IMG_20200305_122505

円筒状のライスの中心部には温玉が鎮座してます。

IMG_20200305_122517

野菜の素揚げとポテトサラダが添えられています。

IMG_20200305_122523

ルーはクリームでオシャレにお化粧しています。食べ慣れた感じのルーで、程よく中辛。甘味も旨味もバランスが良く、食べやすいです。
温玉を崩して食べると、優しい味になって味の変化を楽しめます。

IMG_20200305_122511

特筆すべきは牛肉です。大きめカットで、トロトロに煮込まれていて、これぞ至福!

IMG_20200305_122541

玉ねぎは1/8カット程度の大きさで、酸味と甘味を感じました。軽く炒めて煮込んだのかな?
葉をイメージした器もオシャレで、那須らしい一品でした。
キャプ4

妻が注文したビーフパストラミのバゲットサンドは、こちら。

IMG_20200305_122318

バゲットは固めで、噛みきれないもどかしさが肉食獣になったみたいに感じました。そういえば、サファリパークがそばにありますねえ。

パストラミって生ハムを干した感じがしますが、引き締まっているので味を濃く感じました。

IMG_20200305_122326

食後、自分用のお土産にパンを買いました。ズッシリとしていて、高密度に驚きです。

IMG_20200305_124624

家でゆっくり食べま~す。



2020年03月07日

カップヌードル グリーンカレー 日清食品(株)

ゼロです。
カップヌードルは、息の長い商品ですね。テレビCMは小学校の頃から見ています。

IMG_20200301_110402

エビアレルギーのゼロは、カップヌードルの蓋を開けると、お湯を注ぐ前にエビを取り去っていました。そうまでしてでも食べていたのですねえ。

IMG_20200301_110412

種類も増えて、進化し続けるカップヌードル。今回食べるのは、カップヌードルのグリーンカレー味です。


IMG_20200301_110419

グリーンカレーペーストは、蓋に貼り付いています。

IMG_20200301_110354

蓋を開けると、タイカレー特有の魚介系の香りがします。

IMG_20200301_110512

お湯を入れて3分経ったら、グリーンカレーペーストを入れて…

IMG_20200301_111151

出来上がり!

コブミカンの香りが漂います。

IMG_20200301_111242

そして一口…辛~い!咽を辛味が直撃します。熱いと一層辛く感じます。ちなみに赤いのはパプリカでした。

フーフーして食べると、スープはココナツミルクのせいでしょうか、シチューのような甘味と旨味があります。美味しいなあ、と感じた直後に辛味が襲ってきます。やっぱり辛い!

IMG_20200301_111259

麺はカップヌードルそのものです。これぞカップ麺の原点ですね。慣れ親しんだ美味しさがあります。
キャプ2